エムアイシー・アソシエーツ株式会社

ユーザー様の業務ニーズを実現することができるTiger FANやHELIOS UB64等のソフトウエアー製品をご提供しています。
これらのソフトウエアー製品はミッションクリティカルな業務システムの中核をなし、搭載するシステムは性能、信頼性、業務継続等の重要なシステム要件を満たす必要が有ります。更に、定期的な予防保守機能も不可欠な機能です。

CLASTORは高信頼アプライアンスサーバーとして、必要システム要件が組み込まれています。
高性能ハードウエア、搭載するOS、システムリソース、ストレージ、ネットワーク等基本的な仕様に加え、稼働環境と冗長性、バックアップ、データ保存、障害時の復旧性能、稼働継続性等の複雑で、重要な要件がエンベットされています。
更に、お客様のご要求に合わせカスタマイズした仕様を組み込むことができます。
また、これらのシステムを稼働を保証する統合的に維持管理体制と、知識と経験に基づくサービス体制を提供します。

CLASTORアプライアンスのコンセプト

CLASTOR-FSHL banner

CLASTORアプライアンスは高性能なソフトウエアーをサポートするシステム要件を満たし、必要な診断を定期的に実施することが可能なハードウエアアプライアンスです。
CLASTORアプライアンスとして、HELIOS US64を搭載するCLASTOR-FSHLとTigerFANの各モジュールミドルウエアーを搭載するCLASTOR-TSをご提供しています。

CLASTOR-FSHL Logo

CLASTOR-FSHLはLinuxベースのサーバーにHELIOS UB64を搭載しています。Macクライアント中心のネットワーククライアントに対し、ファイル共有を実現し、高い生産性を実現します。

CLASTOR-FSHL Logo

CLASTOR-FSHLはLinuxベースのサーバーにHELIOS UB64を搭載しています。Macクライアント中心のネットワーククライアントに対し、ファイル共有を実現し、高い生産性を実現します。


CLASTORアプライアンスのシステム構成例

SimpleSystem
ResilSys
ResilSys
ResilSys
ResilSys
「ネットワークストレージのシンプル構成」

ご推奨する高性能ストレージをFC、SAS、または、iSCSIインターフェスでサーバーのHBAポートと接続。
サーバーはネットワークにNICを介して接続します。
ストレージに搭載されたドライブをRAID構成し、論理ボリュームをサーバーにマウントします。
ファイルシステムを構成されたボリュームに対し、共有ネームスペースとしてドメイン内のネットワークを介して公開します。
既設のシステムからの移行作業や、セキュリティーシステムにも対応いたします。

「バンド帯域の拡張と耐障害性を高めた構成」

二重化された高性能ストレージコントローラを使用して、ストレージ内部、および、外部インターフェースを二重化します。
二重化されたストレージインターフェースはActive - Activeで稼働しますので、データ転送性能を向上させ、また、一系統の障害時にはフェールオーバーにより耐障害性を高めます。
サーバーにはストレージの二重化データバスに対応して、HBAのポートを二重化します。同時に、ネットワークインターフェースを複数持たせることで、ネットワークインターフェースを物理ポートから切り離し、 仮想の一意のNICとして ネットワークスイッチに接続します。この構成により、常に複数のネットワークポートがActiveに稼働し、ネットワーク帯域を大幅に拡張し、更に、物理ネットワークポートの障害時でもデータ転送を継続する耐障害性が向上します。

「サーバー仮想化を可能にする仮想化ホスト構成」

サーバーの複数コアのCPUとメモリーリソースを確保することで、仮想化サーバー用のホストサーバーとして構成することが可能です。
仮想化ホストサーバーのリソース、ストレージのリソースが分割できる限り、仮想化サーバーを搭載可能ですので、物理サーバーのスペースを大幅に削減することができます。また、リソースの許す限り、ゲストサーバーを構成することが可能です。

「システムの24/7稼働させるHA構成」

仮想化ホストサーバーを二重化することにより、VMサーバーを仮想ホスト間で分散させることが可能です。
このことによりVMサーバーの負荷を仮想ホスト間で分散させ、バランスさせることができます。
また、一つの仮想化ホストサーバーで障害が発生した場合は、そのホストサーバー上で稼働するVMマシーンは瞬時に正常に稼働しているホストサーバーに移動し、サービスを継続することができます。
ミッションクリティカルな業務を実行しているサーバーシステムには最適な稼働環境を実現します。

「VMサーバーの負荷バランス構成」

クライアントからの処理負荷は必ずしも一定ではありません。この場合、最高負荷に対して対応力のあるサーバーを構成する為には、サーバーを複数台用意し、ピーク時に負荷をサーバー間で分散させる方法が一般的です。 仮想化サーバー環境でもこの様なサーバの負荷バランスを行うことが可能です。例えば、ネットワークロードバランサーはその一つの解決方法です。
しかし、ストレージはVMサーバー台数が増えれば、IO負荷が増え、レスポンスの待ち時間遅延により処理待ちが大幅に増大することにより、サービスが急激に劣化します。
この問題を解消する方法の一つとして、VMサーバ間でストレージをブロックレベルで共有する方法があります。待ち時間の少ない高速なストレージに構成されたストレージネームスペースを複数のVMサーバが同時にアクセスすることにより、総合的なVMサーバーサービスの負荷バランスが実現します。